自転車通勤始めました

ポカポカといい陽気になってきたので、自転車通勤始めました。

Fujiのクロスバイクを購入。FUjiという名前から国産かと思ったら、
今はアメリカで生産されているとのこと。
ヘルメットはクライミング用のBlack Diamondを使うことにした。
b0156456_2012066.jpg

職場まで10キロほどあるが、行きは約40分。帰りは自宅近くに登り坂が
あるので45分かかる。坂は24段ギヤのおかげで、ずっとこぎっぱなしで
歩くことは無い。これでダイエットするぞ!

[PR]

# by kmyas | 2017-04-24 20:21 | 自転車 | Trackback

初登攀行・サイン入り

山の本は大量に、ホントそれこそ大量に持っていた。終活には早すぎるが、
思うところあって2年前に全部友人たちにやってしまった。

と思っていたら、数日前に机の中を整理したら、こんな本が出てきた。
b0156456_2045148.jpg

松本竜雄さんからいただいたサイン入りの本だ。
ゴミ箱行きは松本さんに失礼だから、とりあえずまた机の奥にしまっておくか。

山道具もだいぶ整理したが、まだ古いピッケルやアイスバイルなどが残っている。
処分してしまおうという気持ちと、いやいや置いとけという気持ちが交錯。

「ワカン」などは玄関のインテリアで飾っていたが、これら古い山道具は
山登りを全くしない我がこども達にとってみれば、ただのゴミだろう。
終活も悩ましいもんですなあ。
[PR]

# by kmyas | 2017-04-13 20:58 | 山の本 | Trackback

猫のこころ・20年振り?の夜行寝台列車

東京へ行くときは早割料金で飛行機と決めている。夜行バスは安いが
時間がかかるし、よく眠れない、おまけに腰まで痛くなってくる。
夜行寝台列車は横になれるが、飛行機の早割料金より高くて時間もかかる。

しかし、この度は諸事情により夜行寝台で東京へ行き、帰りは大阪まで
新幹線、大阪からは高速バスでということになってしまった。

夜行寝台に乗ったのは20年ぶり? よく覚えていないくらい昔。
カーテンで仕切っただけの上下2段座席だった。今の夜行寝台は個室で
鍵もかかる。プライバシー完全確保。随分進化したものだ。
でも振動とかあり、やっぱりよく眠れなかった。

東京ではある会合に出席(東京行きの目的はこれ)。
どうでもいいような些細な文章の間違いをネチネチ指摘し続ける輩。
場の空気を読めず、議題と関係ないような話をしだす輩。
発言者の揚げ足取りに懸命な輩。事前配布された資料をろくに
読みもせずに、独自解釈で執行部をしつこく追及する輩。

なんと無駄な時間を費やすことだろう。馬鹿者共め! 
あ~眠気をこらえるのに必死だった。

夕方ようやく終了。事前に調べておいた酒買取店へ焼酎「魔王」を持ち込む。
実はある人から「魔王」をもらったのだが、自分で飲むのはもったいないので
売ることにしたのだ。通常の販売価格は1万数千円だが、いくらになるのか。
ハハ、買取価格5千円だった。026.gif 寝台列車に揺られた「魔王」よ、さようなら。

b0156456_1825113.jpg
秋葉原の電気街に寄って、スティク型パソコン購入。
(これについては後で書きます。)
さて、今宵の宿は南千住にある「ホテルアクセラ」。
1泊3,250円。激安!

2年前に泊まった時よりきれいになっているぞ。
リニューアルされたのかな?
ウオッシュレット便座に洗面台も自動でお湯が出る。
無線ランも無料。寝るだけなら狭くてもいい。


南千住に来たら、いつもの「大林酒場」で飲まねばならぬ。
不愛想なオヤジにも慣れた。シーンとした中で焼酎を味わう。
携帯・スマホ・写真撮影禁止の店なので写真は無し。
翌朝、店の外から撮るとこうなる。
b0156456_18233166.jpg

帰りは新幹線で大阪へ。グリーン車に初めて乗った。真白き富士の嶺をパチリ。
b0156456_1827019.jpg

さてさて、スティク型パソコン(ドスパラ DG-STK3)だが、
テレビのHDMI端子に差し込むだけで、テレビがディスプレイとなり
インターネットや動画が楽しめる。それにしてもこんな小さなものが
パソコン本体とは信じられない。技術革新とはすごいものだ。
b0156456_18221915.jpg

今キャンペーン中とかで、BUFFALOの無線キーボード・マウスセットが無料で
ついていた。Windows10インストール済。
おまけにマカフィーのセキュリティソフト(1年無料)が入れてある。
これで9,980円とは、ホントに安い買い物だった。

家に帰ってから早速設定。5分で簡単に完了。無線ランのルーターは2階の
寝室に置いてあるが、10m程離れた1階のリビングにある48インチの
テレビに差し込んで試してみた。

何の問題もなくWindows10の画面が映り、インターネットもOK。
大画面での動画は迫力がある。別の部屋のテレビでも試してみるが全部OK。
これでまた楽しみが出来たぞ。

[PR]

# by kmyas | 2017-03-08 18:41 | 猫のこころ | Trackback

猫のこころ・確定申告~疲れたよ~

毎年恒例ののeーTAX確定申告(還付申告)。今日はホントに疲れた。
朝9時頃から始めて、結局終わったのが16時半。途中休憩したり、
扶養家族全員のマイナンバーが必要と判り、職場に置いていたカードを
取りに行ったりで、そんな時間になってしまった。
例年30分~40分もあれば十分なのに、何故? 原因はいろいろある。

①まず、プラウザが使用環境となっていない。windows10のEdgeからでは
 国税庁の申告ページが開けない。インターネットエクスプローラー11を
 使えと表示が出る。
 ところがインターネットエクスプローラーがPC内のどこにも見当たらない。
 あらためて何度もダウンロードしてみるが、windows10では「サポート
 していません」の表示が出て開かない。
 
 こんなんで数時間があっという間に過ぎた。さんざん探し回った末、
 やっとプログラムの「windows機能を有効化または無効化」というところに
 たどり着いた。なんとインターネットエクスプローラーのチェックがはずれて、
 無効となっていた。こんなところをいじった記憶は無いのだが。
 チェックを入れたら、スタート画面にやっと表示された。フーッ042.gif

②なんとか申告ページが開けて、入力を進めていくが、何故か途中で、
 「このページは表示できません」となり、せっかく入力したデータが
 一瞬にして消えてしまう。これが何度も続く。
 ガーン!033.gif 途方にくれて、しばし放置。
 
 気を取り直して調べてみると、国税庁のシステム変更で暗号通信のSSL 3.0 が
 使えなくなり、TLS 1.0 を使わなければならなくなったことが、やっと判明。
 インターネットオプションの詳細設定を開いてみると、TLS 1.0 の
 チェックがはずれている。やれやれ、入チェックを入れ直して再開。

③最終段階まで来たところで、扶養家族全員のマイナンバーが必要と判った。
 カードは職場に置いてあったので、わざわざ取りに行った。気持ちが萎える。

④16時半。やっと全ての入力を終え、送信完了。疲れた!
  これだけ頑張っても還付金は6千円ちょっと・・・・・
 windows10に換えてから初めてのeーTAX。
 セキュリティにこだわるのもわかるが、もっと簡便にならないものか。

[PR]

# by kmyas | 2017-02-04 20:22 | 猫のこころ | Trackback

猫のこころ・退院しました

ご無沙汰しております。昨日退院しました。やっぱり我家が一番いい。
以下、入院中に読んだ本、あれこれです。

b0156456_9234040.png
 8歳の息子と連結自転車に乗って、
 北海道・宗谷岬から鹿児島・佐多岬
 までの4000キロの自転車旅。

 通常の縦断コースと違って、日本海側の
 新潟から長野、岐阜の山岳地帯に入り、
 さらには太平洋側の高野山を巡る
 大変なコース。

 スコットさん、スゴイですねぇ!


b0156456_938873.jpg
 熊野修験道再興に関わった人たちの
 記録集のような内容である。
 
 正直、あまり面白いとは思わなかった。
 登山の案内書として使えなくはないが、
 2012年の発行なので、ネットで
 検索した方が早いか。





b0156456_9541474.jpg
 日本史や世界史の教科書にも出てくる
 広開土王碑。その拓本の研究書である。
 
 好太王碑とも書かれている場合もあるが、
 史学的には広開土王碑が正確らしい。

 2013年発行だが、広開土王碑関係の
 書物ではこれが最新の内容か。
 古代史に関心のある人には面白い内容だ。



b0156456_1062246.png
 古代史の次は突然左翼関係の本に。
 何でも読む=乱読が私の身上。

 著者は現在徳島刑務所で服役中の和光晴生氏。
 かつての同志である日本赤軍の重信房子氏に
 批判的な内容となっており、誠に興味深い。






b0156456_1020728.jpg
 旧東欧社会主義諸国の主婦生活を
 写真を中心にして紹介している。
 パラパラとめくって、面白い本。
 著者のホームページはこちら。
      ↓
   http://iskra.ocnk.net





   
[PR]

# by kmyas | 2017-01-28 10:40 | Trackback